最近流行りのローソンのブランパンの罠

最近流行りのローソンのブランパンの罠

最近流行りのローソンのブランパンの罠

最近流行りのブランパン。

 

私も一度近くのローソンで購入して食べたことがありますが、普通のパンとほとんど変
わらなくておいしいですね。(少しパサついてた感じはしましたが)
ただ、低糖質とは言え、やっぱり糖質は高めです。

 

ブランパンの包装には1個あたりの糖質量が大きく記載されているのですが、ブランパ
ン1個あたり大体2.0g〜4.0gといったところ。

 

最近流行りのローソンのブランパンの罠

 

パン類の中ではものすごく低糖質だということはわかりますが、やはりあれを一袋食べ
ただけで糖質が4.0g〜8.0gと考えると恐ろしくなります。

 

先ほどカロリーSlism というサイトでレタスを実際に検索してみましたが、レタスの一個
あたりの糖質量を覚えていますか?

 

約8gです。

 

レタス半分〜1個と同じくらいの糖質量が、あの小さなブランパン2個と同じくらいだと
考えると、どれだけレタスが糖質量が少ないのかがわかりますね。

 

レタスが少ないというよりもブランパンが多いといったほうが良いかもしれません。

 

低糖質ということで話題にあげられることの多い食品ですが、1日20g以下の糖質に抑
えたいのならブランパンは避けることをオススメします。

 

流行りの商品には意外な落とし穴があったりもしますので、食材選びには十分注意し
ていきましょう。

メニュー

© Copyright 2015 買い物編All Rights Reserved.